続きです


寒いです。初めてヒートテックを着てみました。

前回のグラフに関東他県の県立トップ校と、ついでに私の母校(トップ校ではありません)も追加してみました。

浦和と千葉以外は高校受験スタディ以外の偏差値を使っているので横位置は参考程度ですが、縦の出口は同じ算出方法です。

これを見てもやはり神奈川の公立の出口の悪さが際だってます。

差がついているのが偏差値65から上、つまりは東京一工合格者が出るゾーンですので、神奈川公立は最難関に弱いということです。

前回ご意見をいただいたように入試制度の違いにより、高偏差値層ほど公立中学でテストはできても内申がとれないのではと不安を持ち、中学受験を選択するというのが一つ、公立高校に大学合格実績を本気で上げようというのがない(ように見える)のがもう一つの大きな理由と見ています。

前者はこれまでもさんざん言ってきたこと、後者は都立の進学重点推進校が東京一工等の難関大学合格者数を実績バロメーターとしている(都教育委員会ホームページでわかります)のに対し、神奈川は同種の指定校の目標や実績評価が全然わからない、スローガンだけに見えます。

来年から神奈川の高校入試は変わるようですが、公立への追い風が吹いている今、子供を持つ親の本当のニーズをつかめるか、神奈川公立高校というか神奈川公立教育の結構正念場のように思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック