この時期になっても受験させたい学校が増えていく

 昨日は私が休日出勤だったため、家内に高輪の学校説明会に行ってもらいました。

 帰ってからどうだったかを訊くと、大層気に入ったということでした。

 話をした先生の話から学校全体が教育に自信を持っていることが伝わってきて、ここなら子供を預けるのに不安がないという感じを受けたようで、「どこなら(何日なら)受けさせられるの?」とまで言っていました。

 私は家内の感覚を基本的に信じているのですが、この時期に来ても行かせたい学校が増えていくというのは良いことだと思う反面で、どう受験スケジュールを組んでいくのかという悩みも増えていきますね。

 全然違う話ですが、土曜日にあった個人的に「なんだそれ。」と思ったこと。

 NHKの今シーズンの連続テレビ小説「てっぱん」で、主人公の父親が瀬戸の花嫁を歌う場面があったのですが、「あなたの島へ嫁いでゆくの」と歌っていたのです。正しくは「あなたの島へお嫁にゆくの」ですね。

 間違いというのはほとんど考えられません。捜査情報の漏えいだとか、NHKはホントに腐ってると個人的に思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

Mew
2010年10月11日 22:58
あぁ~わかります。この気持ち。
今考えている学校だけで本当にいいのか?という気持ちも働いちゃうんですよね。。。 私共の場合、4,5年生時に可能性のある学校は一通り見て、6年では新たな学校を考えない様にしていました。
しかし、11月にSAPIXの最後の面談(志望校決め)の際に、2/1,2,3の主となる受験校は淡々と決まりましたが、4,5日に関して「こんな学校はどうですか?」と言われて、う~ん、、となってしまいました。
家に戻って調べたところ、時期が時期だけに学校見学する機会が無くなっていたんですね。ますます迷いましたが、妻の「それは縁がないという事じゃない? 元通りでいいよ」の一言で吹っ切れました。
結局、子供には「目標に向けて頑張れ!」だけで済みましたね。
2010年10月12日 23:08
Mewさん
 こんばんは。
 いろんなところで言われているとおり、早いうちにできるだけたくさんの学校を見ておくことがやはり重要でした。
 限られた時間ですが、これからも都合が合えば説明会に顔を出していこうと思います。

この記事へのトラックバック