アタマからやしの木 〜明るくいきたい中学受験〜

アクセスカウンタ

help RSS 帰国子女の中学受験

<<   作成日時 : 2009/02/11 15:43   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 私は田舎育ちなもので、帰国子女というともうそれだけで英語はペラペラみたいなイメージを持っていました。しかし、ウチの子供達は学校で英語の授業もあったにもかかわらず、ほとんどできません。それでも猪太は帰国子女としての受験もしましたし、寅次にもさせたいと思っています。

 帰国してから学校説明会などで質問の機会があれば帰国子女の受験について訊いています。学校により帰国子女の受験時の扱いは様々で、海外滞在期間や帰国した時期により帰国子女としての受験資格があったりなかったり、別枠だったり一般受験の内枠だったりと、まずそこからなのですが、受験資格がある場合には少し突っ込んだ質問もしてみます。

 「英語がほとんどできないのですが、それだと難しいですか?」

 これに対して以下のような答えがあれば「ヨシ!」です。

 「英語圏からのお子様ばかりではないですから、英語ができなくても他の科目で頑張れば大丈夫ですよ。」

 さらに、「国語と算数は一般の入試問題より易しくしていますので、英語ができなくても是非受けてください。」という別枠募集の学校もありました。また、そもそも一般受験の内枠での募集の場合ですと、英語の試験もなく、合否基準のところで優遇してくれるのが一般的です。

 こうしたことまでは学校のHPや普通の学校説明会ではわかりませんので、自分で調べていかなくてはなりません。しかし、今は非常に多くの学校で帰国子女を積極的に受け入れるようになってきていますし、海外にいて受験準備にハンディがある、あるいは、帰国してしばらく経っても他の受験生より遅れている受験生にとっては大変ありがたいもので、使わない手はないです。

 それともう一つ、神奈川の場合ですと埼玉・千葉の1月校は距離的に合格しても通いずらいところがありますが、別枠募集の帰国子女受験は1月に実施されるところが多いようで、2月校を本命とする場合でも実際に通える学校で1月に単なるお試し以上の実戦経験ができるというメリットもあります。

 今海外にいらっしゃる方々には情報収集そのものが難しいところもあるでしょうが、今は海外で説明会をしている塾もあります。そうした説明会やブログ、掲示板など海外でもアクセスできるもので情報を集めてみることをお薦めします。もちろん、変な情報に踊らされないように注意しながらです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
帰国子女の中学受験 アタマからやしの木 〜明るくいきたい中学受験〜/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]